ホテル良佳プラザ 遊湯ぴっぷ|北海道旭川観光比布町人口温泉

0166-85-4700 ご予約はこちら ぴっぷスキー場

北海道を一周するための完全ガイド!手段・予算・ルートを現地のホテルが紹介

北海道観光 2022年5月24日
北海道を一周するための完全ガイド!手段・予算・ルートを現地のホテルが紹介

北海道一周の旅行は多くの人が挫折してしまう旅行です。その理由は、計画が難しいから。北海道は思ったよりも広く、スケジュールを組み立てるのが大変。3泊4日などではとても回り切れません。

そこで今回は、北海道内を知り尽くしたホテル、遊湯ぴっぷが北海道を一周するための情報を一挙公開します!手段や予算、期間別のルートをおさえて後悔の無い旅にしましょう。

北海道民の視点で、注意が必要な部分についても解説していますので、北海道一周の前にぜひ一度見返してみてください。

北海道を一周する移動手段

北海道を一周する移動手段

まず北海道を一周する移動手段を見ていきましょう。主な移動手段は以下の5つです。

  • バイク
  • 電車
  • 自転車
  • バス

最も確実かつ楽しみながら走れる方法が車です。どの空港の近くにもレンタカー屋があるので、降り立ってすぐレンタルし走り出すことができます。

純粋に北海道を一周するなら、ガソリン代のみで3万円程度かかります。都市間の細かい移動を含めるなら、もう少しかかるでしょう。

パンクなど万が一のことを考えて、暖かい上着など車中泊できる最低限の装備と食料を用意しておくことをおすすめします。

【主なレンタカー会社】

空港主なレンタカー会社
新千歳空港ニッサンレンタカー、トヨタレンタカー、ニッポンレンタカーなど多数
旭川空港トヨタレンタリース、ホンダレンタリース、ニッポンレンタカーなど
稚内空港ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー
女満別空港トヨタレンタカー、ノーブルレンタカー、ワンズレンタカーなど
帯広空港トヨタレンタカー、オリックスレンタカー
函館空港トヨタレンタリース、ニコニコレンタカー、オリックスレンタカーなど

バイク

バイカーの聖地とも言われる北海道。広大な大地を駆け抜ける喜びはバイクが一番感じられます。一部の空港の近くにはバイクのレンタル会社がありますが、フェリーで愛車を運搬して旅に出るバイカーが多いです。

車よりはやや燃費が良くなるかつ、ライダーハウスで宿泊可能なため食費やガソリン代、フェリー代など全てコミコミで10万円台での旅行も可能です。

北海道は地域によって寒暖差が激しいため、バイカーの方は特に脱ぎ着できる服装をおすすめします。また、夏日に行くのであれば水分を多めに持っていくようにしましょう。都市間にはコンビニはおろか自販機が無いことも多いです。

空港に併設されたバイクレンタル会社は「新千歳空港」にのみあり、他の地域は街中にしかありません。レンタルバイクでの旅をお考えの方は、新千歳空港の利用がおすすめです。

電車

北海道で電車の旅も良いものです。田園風景を眺めながらゆっくりと旅をするのは都会の喧騒を忘れられる時間になるでしょう。

電車で北海道を一周するなら、一週間で周り切れます。スタート地点は函館か稚内であればスムーズに一周可能です。

電車の旅にするのであれば、「北海道フリーパス」がおすすめ。27,430円でJR北海道内の電車と、JR北海道バスが7日間乗り放題になるきっぷです。

持ち物としては、軽食と着替えがあればOK。北海道の電車は動物と衝突して止まることもあるため、時間に余裕があるスケジュールを組みましょう。

ただし、線路が通っている部分しか通れないため、北海道をなぞるような旅はできません。あくまで、主要都市を周り尽くしたい人におすすめの方法です。

自転車

体力に自信のある方は北海道一周を自転車で行うのも一つの手です。ただし、北海道の都市間は街灯が無い所もあり、場所によってはシカやクマが出ることもあるため十分注意してください。

宿泊にキャンプ場やライダーハウスなどを利用するのであれば、1泊500円〜1,000円程度になるため1ヶ月滞在しても10万円以下で旅行できます。

ただし、不測の事態に備えて準備は万全に。寝袋や替えのチューブはもちろん、クマよけスプレーや緊急連絡先、アイシングスプレーやテーピングなど安全第一の持ち物を準備しておく必要があります。

バス

都市間バスを使えば、北海道内をバスで一周するのも夢ではありません。

また、バスツアーも多く存在することが特徴。旅に慣れていない方でも安心して周れます。多くのツアーは8日で、食費込み250,000円前後で組まれることが多いです。

北海道フリーパスを使えば、JR都市間バスが7日間27,430円で乗り放題になる他、各地方に都市内のバスが乗り放題になるチケットが販売されています。

持ち物としては、大荷物になると都市内のバスに乗りにくいためできる限りコンパクトにおさえましょう。運休することはあってもどの街にも行けないということは稀なためご安心ください。

【各地方のお得なチケット】

きっぷ名対象エリア値段
1日乗りほーだいきっぷ江別、札幌、小樽800円
1日フリー乗車券/くしろバス・阿寒バス釧路600円
函館バス・市電1日乗車券函館1,000円
あさくるパス旭川1,200円
北見バスフリーパスチケット北見2,000円

【滞在日数別】北海道を一周するルート

ここでは滞在日数別に北海道を一周するルートを紹介します。

1週間:道さえ走れれば良い!一周が目的の方向け

スタート・ゴール:苫小牧港 or 新千歳空港

ルート:沿岸沿い

北海道を沿岸沿いに走り抜けるルートです。ほぼ毎日海を見ながら走ることになります。沿岸沿いは開けた道が多く、民家やお店も少ないため広大な景色を眺めながら周れる絶景ルート。

北海道一周を制覇したい、走ること自体が好き、自転車で走破したいという方におすすめの日数です。

2週間〜1ヶ月:観光しながらゆっくりと周りたい方向け

スタート・ゴール:新千歳空港

ルート:都市間

2週間〜1ヶ月あれば、主要都市で観光しながらゆっくりと北海道一周ができます。

札幌や旭川などの都会から、帯広や釧路などの地方までそれぞれの地域を楽しめるのが嬉しいポイント。特にその地のローカルグルメやソウルフードを楽しみたい人はこちらの日数がおすすめです。

北海道一周にかかる金額:30万円程度

北海道一周にかかる金額:30万円程度

全てホテル泊で一週間滞在した場合、北海道までの移動費や食費などを含めて30万円ほどかかるケースが多いです。

これに加えてレンタカー代や電車賃、バス料金など周る手段により料金が変動します。自家用車でフェリーを使い、全て車中泊にした場合は17万円前後に抑えられますので自分の車で旅行したい方は少し安くなります。

北海道一周するのにベストな季節

北海道一周するのにベストな季節

北海道一周するのにベストな季節を見ていきましょう。あわせて、反対におすすめできない季節も紹介します。

最もおすすめな季節:6月〜8月

過ごしやすい季節で、日が長く見通しも良い夏の季節は北海道一周にベストな季節と言えます。この季節であれば峠にも雪がほとんどなく、バイクでも安心して走れる点が魅力。

場所によっては朝夜で10度を切ることもあるため、防寒対策はしっかりと準備していきましょう。特に海沿いは寒いので注意です。

また、お盆時期はかなり混み合うこと、北海道と言えども7月半ばからは非常に暑く30度超えも珍しく無い点にはご注意を。

次点でおすすな季節:9月〜11月

秋の北海道は紅葉が美しく、絶景スポットも多々あります。都市間を移動するだけでも多くの自然があるため、都会では見られない景色の中を移動できるため、この季節の北海道一周はおすすめです。

秋の北海道を楽しみたい方は以下の記事もあわせて読むことで、絶景スポットがわかるためおすすめです。

おすすめしない季節:12月〜3月

反対に、おすすめしないのは冬です。北海道の冬は降雪があり、地域毎に天候が大きく変わります。さっきの街までは晴れていたのに、次の街では急に吹雪いているということも珍しくありません。

安全に北海道一周の旅を楽しむためにも、季節は春〜秋にしましょう。

北海道一周を楽しむためのポイント

北海道一周を楽しむためのポイント

ここでは北海道一周を楽しむためのポイントを解説します。

ガソリンの給油は余裕を持って行う

北海道は、都市と都市の間が非常に長く、ガソリンスタンドやコンビニが一軒も無いということが多いです。

特にガソリンに関しては「あと少しだから次の街で入れよう」と思っていると、ガソリンスタンドが100km先ということもあります。

そのため、燃料給油に関しては余裕を持って「少し早いかな?」くらいのタイミングで行うようにしましょう。

峠を越える時は雪に注意する

北海道は春や秋の季節の変わり目でも、峠に雪が積もっていることが珍しくありません。時期によっては夏タイヤで走ることになりますので、スリップには注意しながら安全に峠を越えましょう。

重ね着できる服を持っていく

地域によっては夏であっても朝晩冷え込むことがあります。特にバイクは風を直で感じることから海沿いは寒いことが多いです。

真夏でも、一枚羽織れるものをカバンに入れておくなど重ね着できる服を持っていくことをおすすめします。

反対に暑い地域もあるため、ポイントは脱ぎ着できるようにすることです。

まとめ

今回は北海道一周の旅に向けた情報を紹介しました。走ることが目的なら1週間、観光が目的なら2週間〜1ヶ月の余裕を持って旅行計画を立てましょう。

車やバイクを使って自分で周るも良し、電車やバスを利用してゆったりと旅をするのも良しです。ただし、冬の季節は雪があるため事故の危険性が高いこと、電車やバスが止まる可能性があることを覚えておいてください。

遊湯ぴっぷは多くのライダーの方に愛されているホテルです。そんなライダーのお客様から情報をいただき、北海道を楽しみ尽くすツーリング情報を公開しています。広大な大地を駆け抜ける爽快感を味わいたい方はぜひご覧ください。

観光をたっぷり楽しんだ後は、弊社「遊湯ぴっぷ」もぜひご利用ください。

遊湯ぴっぷは、北海道の中心である比布町に位置する温泉宿です。

どこの観光スポットにもアクセスしやすく、遠出の際の中継地点や、旭川観光でご利用いただくのにぴったりです。

天然鉱石を使った温泉や、四季折々の美味しい料理で皆さまをおもてなしさせていただきます。

まとめ

まとめ

旅の途中に、遊湯ぴっぷで癒しの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか♪

北海道比布町や旭川にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。心よりお待ちしております。

遊湯ぴっぷをみてみる