北海道旭川観光ホテル 比布町温泉|良佳プラザ 遊湯ぴっぷ

0166-85-4700 ご予約はこちら ぴっぷスキー場

7月の旭川観光におすすめのスポット・服装・グルメ情報までまとめて紹介

旭川観光 2023年3月4日
7月の旭川観光におすすめのスポット・服装・グルメ情報までまとめて紹介

7月の旭川は、多くの観光スポットがオープンを迎え、木も緑に色付き北海道らしい景色を楽しめる時期です。

しかし、メジャーな観光スポットであればある程混み合う時期で、リフレッシュのための観光に行ったのにかえって疲れてしまった…なんてことも。

そこで今回は、地元の温泉宿でお客様から多くのローカル情報をいただく「遊湯ぴっぷ」が、7月におすすめの旭川観光スポットや服装、グルメについての情報をお伝えさせていただきます!

敢えて混み合うメジャーどころを外し、現地に居る宿ならではのスポットを紹介していますので、参考にしていただけると幸いです。

それでは、早速見ていきましょう。

7月の旭川観光のおすすめスポットを5つ厳選

まず7月の旭川観光におすすめの観光スポットを5つ紹介しましょう!

1.アクセス抜群の絶景スポット「北彩都ガーデン」

1.アクセス抜群の絶景スポット「北彩都ガーデン」

北彩都ガーデンは、旭川駅の裏にあるお花畑であり、中心部にあると思えないほど多くの花と自然に溢れています。7月には満開を迎えるお花も多く、おすすめの季節ですよ♪

また、6〜9月限定で「ガーデン号」という電動カートが走るため、ゆったりと自然の景色を眺めながら旅の思い出をお話しできます。

旭川駅の裏にあるため、JRを降りてすぐ見られ、駐車場無料、利用料金無料と最も気軽に楽しめる絶景スポットの一つです。

営業時間9:00〜18:00
※開催時期は公式ホームページをご確認ください
住所北海道旭川市宮前2条1丁目
連絡先0166-74-5966
公式ページあさひかわ北彩都ガーデン

2.ゆるキャラコラボの聖地「田んぼアート」

2.ゆるキャラコラボの聖地「田んぼアート」

田んぼアートは、東鷹栖町で作られる田んぼを使用したアートです。7月中旬から8月中旬頃かけ、稲の葉色の違いを利用して、田んぼにイラストが描かれます。

絵の題材になるのは旭川のゆるキャラ「あさっぴー」や東鷹栖町の「あったかすくん」が描かれることが多め。大々的にゆるキャラコラボを行うため、迫力ある一枚に。

また、近くの売店では「お米アイス」も販売。ほんのりとした甘さとお米の風味が特徴の珍しいアイス。ここでしか食べられないため、訪れた際は一緒に食べてみてください♪

営業時間24時間開放中(ライトアップ等は無し)
※開催時期は公式ホームページをご確認ください
住所北海道旭川市東鷹栖7線
連絡先0166-57-2357
公式ページ田んぼアート

3.全てが巨大、大迫力のお祭り好きなら「永山屯田まつり」

3.全てが巨大、大迫力のお祭り好きなら「永山屯田まつり」
出典:永山屯田まつり

旭川の永山で毎年7月末に行われる永山屯田まつりは、永山住民を中心として多くの人で賑わいます。

人間以上の大きさがある和太鼓や、巨大なあんどんが横行するお祭りであり、迫力満点のお祭りです。また、YOSAKOIソーランやバンド演奏などのイベントも開催されるので、賑やかなお祭り好き必見のイベントです。

インスタ映え間違いなしのお祭り、この機会に見てみませんか?

営業時間7月下旬 11:00〜20:45(30日、31日開催が多い)
※開催時期は公式ホームページをご確認ください
住所永山おまつり広場(永山3条19丁目 永山市民交流センター周辺)
連絡先0166-48-7887
公式ページ永山屯田まつり

4.暖かい日差しの中を馬と歩く「クラークホースガーデン」

4.暖かい日差しの中を馬と歩く「クラークホースガーデン」
※写真はイメージです

夏の日差しの中、馬に乗りながらゆっくりと自然の中を散歩できる。そんな北海道らしい体験が「クラークホースガーデン」でできます。

初心者でもレクチャーを受けられるため安心して乗馬体験が可能。馬と友達になりながら、ゆったりとした自然の時間を過ごしましょう♪

冬でも営業していますが、営業時間が異なる点にご注意ください。

営業時間夏場:10:00〜18:00(日没まで)冬場 午前10時~午後16時(要予約)
※開催時期は公式ホームページをご確認ください
住所北海道旭川市東旭川町160−4
連絡先0166-36-5963
公式ページクラークホースガーデン

5.満天の星空を見られる展望台「科学館サイパル」

5.満天の星空を見られる展望台「科学館サイパル」
※写真はイメージです

科学館サイパルの屋上には天文台があり、無料で反射望遠鏡を覗くことができます。7月には七夕もあり、夜空に輝く星々が美しい季節です。

普段は眺めるだけだった星を間近に感じる天体望遠鏡を覗けるチャンス、ぜひサイパルに訪れてみてください♪

また、プラネタリウムや月の重力を疑似体験できる「ムーンジャンプ」などの体験コーナーもおすすめですよ!

営業時間9:30〜17:00
住所北海道旭川市宮前1条3丁目3−32
連絡先0166-31-3186
公式ページ旭川市科学館サイパル

7月の旭川の天候と適した服装

涼しい北海道と言えども、7月の旭川ともなると徐々に暑くなってくる季節です。日中は30℃近い日もあり、夜は20℃前後と寒暖の差が激しいことも特徴。

半袖の上に長袖のシャツを羽織るなどして、昼夜で調整できるようにしましょう。また、速乾性の高いインナーを着ておくと、汗の不快感が少なくなります。

【7月の旭川の気温】

最高気温:28.1℃
平均気温:22.6℃前後
最低気温:18.4℃

7月に食べたいグルメ

旭川周辺で食べられる旬な食べ物を紹介しましょう。旅行の機会にぜひ食べてみてください。

さくらんぼを食べるなら「ふじくらますも果樹園」

さくらんぼを食べるなら「ふじくらますも果樹園」
※写真はイメージです

7月中であれば、「ふじくらますも果樹園」にてさくらんぼ狩りが楽しめます。

園内食べ放題、時間無制限なのに900円という破格のさくらんぼ狩りであるため、「お腹いっぱいフルーツを食べる」という日頃なかなかできない体験ができるスポットです♪

さくらんぼ好きの方にはぜひおすすめですよ!

ふじくらますも果樹園

ピュアホワイトを食べるなら「キョクトー」

ピュアホワイトを食べるなら「キョクトー」
出典:キョクトー|北海道 旭川でうまれる、こだわりの農産加工品

ピュアホワイトという品種のトウモロコシは、7月に旬を迎えます。

普通のトウモロコシに比べ甘くジューシーなことが特徴で、まるで果物のような味わいです。茹でるだけで簡単に食べられますので、この機会にぜひ!お土産としても喜ばれます。

キョクトーでは、ピュアホワイトを一本丸々を真空保存して販売されています。

キョクトー|北海道 旭川でうまれる、こだわりの農産加工品

まとめ

今回は7月の旭川について解説させていただきました。最後にポイントを振り返りましょう。

7月の旭川でおすすめの観光スポット
  • 北彩都ガーデン
  • 田んぼアート
  • 永山屯田まつり
  • クラークホースガーデン
  • 科学館サイパル
7月の旭川の服装で気を付けるポイント
  • 寒暖の差が激しいため、調整が簡単な服を選ぶ
  • 日中は30℃近くなることもあるため速乾性のあるインナーを選ぶ
7月の旭川で食べたいグルメ

今回は7月の旭川観光に絞ってのお話でしたが、このサイトでは旭川観光に関する様々な情報を無料で公開しています。ローカルな情報をたくさん詰め込んでいますので、ぜひ参考にしてください♪

また、旭川近郊での旅行をお考えの方は、ぜひ7月の比布町にもお越しください。7月の比布町には「いちご狩り」「温泉隣のキャンプ場でアウトドアができる」など魅力が満載。都心部からやや離れているため交通量も少なくゆったりとした観光を楽しむことができます♪

旭川観光をお考えの方は「遊湯ぴっぷ」もご検討ください。

遊湯ぴっぷは、北海道の中心(比布町)に位置する宿泊施設。どこの観光スポットにもアクセスしやすく、遠出の際の中継地点や、旭川観光でご利用いただける施設となっております。

「遊湯ぴっぷ」の料理は、30年以上続く人気レストラン、仕出し会社が提供する料理で、宿泊された皆様よりご満足いただいております。

まとめ
まとめ

旅の途中に「ほっとする」癒しの時間をつくってみてはいかがでしょうか?

北海道比布町や旭川にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。

遊湯ぴっぷをみてみる