ホテル良佳プラザ 遊湯ぴっぷ|北海道旭川観光比布町人口温泉

0166-85-4700 ご予約はこちら ぴっぷスキー場

魅力満載の北海道の冬の定番観光スポット10個紹介!

北海道観光 2023年9月19日
魅力満載の北海道の冬の定番観光スポット10個紹介!

広い北海道内。旅行に行こうと思っても、場所選びに迷いますよね。でもできるなら幻想的な雪景色を楽しみたい。

そんな方のために、全道各地のお客様を迎え入れる温泉宿「遊湯ぴっぷ」が、北海道の冬の観光定番スポットを紹介します!

絶景のスポットから楽しめるスポットまで、地域別に紹介しますのでぜひ旅の計画に組み入れてください。

冬の観光定番スポット:道央編

道央エリアは、札幌市など北海道の中心となるエリアで比較的都会なことが特徴。雪景色の街並みを見たい人にとっておすすめのエリアです。

1.札幌市「札幌テレビ塔」アクセス抜群、札幌の街中の夜景が見える

1.札幌市「札幌テレビ塔」アクセス抜群、札幌の街中の夜景が見える

札幌テレビ塔は札幌市の街中にあり、札幌駅から徒歩10分程度の場所にあります。

街中であることからホテルにもアクセスしやすく、買い物やディナーの帰りにフラッと立ち寄っても良い観光名所。

地下歩行空間から繋がっているため、雪の降る夜でも安心して訪れることができます。

テレビ塔がある大通公園は、冬には美しいライトアップがされて、雪がその光を反射するため美しい夜景を楽しめますよ。

営業時間9:00〜21:50
定休日なし
住所北海道札幌市中央区大通西1丁目
連絡先011-241-1131
料金1,000円
公式サイトさっぽろテレビ塔

2.小樽市「小樽運河」レトロな街に雪が降る

2.小樽市「小樽運河」レトロな街に雪が降る

札幌市の隣町である小樽市には、小樽運河という有名な運河があります。大正時代から続く街並みは、ロマン溢れるレトロな街並み。

レンガ造りの建物と水面に映る街灯、そしてしんしんと降る雪は冬の風情を詰め込んだ情景です。冬でもクルーズが運行しており、ロマンチックな雪景色の中を航行できます。

街全体が観光名所のような場所で、ガラス細工や海鮮丼など北海道らしさを楽しみたい方にもおすすめですよ!

営業時間24時間開放(クルーズ:10:00〜20:00)
定休日なし
住所北海道小樽市港町5
連絡先01340-32-4111(クルーズ:0134-31-1733
料金無料(クルーズ利用:1,800円)
公式サイト小樽運河

冬の観光定番スポット:道北編

道央の次に訪れやすいのが道北。旭川市があるエリアで非常に人気の高い観光エリアです。

3.旭川市「旭山動物園」冬の王道観光スポット

3.旭川市「旭山動物園」冬の王道観光スポット

冬の旭山動物園は、北海道旅行をするなら外せないスポットです。アザラシやホッキョクグマ、キタキツネなど北海道らしい動物がたくさんの動物園!

中でも、シーズン限定で行われるイベント「ペンギンの散歩」は、よちよち歩きの可愛らしいペンギンを見られるため大人気。

雪の中でのびのびと遊び回る動物たちが見られるのは北海道ならではの体験です。

営業時間10:30〜15:15
定休日年末年始
住所北海道旭川市東旭川町倉沼
連絡先0166-36-1104
料金1,000円
公式サイトホーム | 旭川市 旭山動物園

4.東川町「旭岳ロープウェイ」眼下に広がる雪の世界

4.東川町「旭岳ロープウェイ」眼下に広がる雪の世界

旭岳ロープウェイでは、冬の雪山を手軽に楽しめます。防寒対策さえ万全に行えば、疲れることなく山の上までロープウェイで移動し、一面の雪景色を視界いっぱいに楽しむことも。

ゆったりとハイキングする1時間程度の周遊コースも用意されているため、安全に雪山を散歩できます。

北海道の大自然を眺めるだけでなく、体感してみたい方におすすめの観光スポットです。

営業時間9:00〜16:30
定休日なし
住所北海道上川郡東川町旭岳温泉
連絡先0166-68-9111
料金2,200円
公式サイト大雪山旭岳ロープウェイ

5.美瑛町「白金青い池」まるでファンタジーな異世界風景

5.美瑛町「白金青い池」まるでファンタジーな異世界風景

幻想的な風景を求めているなら、白金青い池がおすすめ。その名の通り青い池なのですが、時間帯によってエメラルドグリーンやコバルトブルーなど異なった表情を見せてくれることもポイント。

カラマツの枯れ木が池の中にいくつも立っており、まるでファンタジーのような景色がそこには広がっています。

冬の夜には期間限定でライトアップされ、より幻想的な景色になるためぜひ一度尋ねてみてください。

営業時間8:00〜21:30
定休日なし(悪天候の際は閉鎖の可能性あり)
住所上川郡美瑛町白金
連絡先0166924321
料金無料
公式サイト美瑛町 北海道 – 白金青い池

冬の観光定番スポット:道東編

道東は特に寒く、氷を用いた絶景・体験スポットが数多く存在します。

6.鹿追町「しかりべつ湖コタン」冬にのみ現れる幻の村

6.鹿追町「しかりべつ湖コタン」冬にのみ現れる幻の村

アイスバーでお酒を飲んだり、氷上露天風呂を楽しんだり、氷のホテルに泊まったり。まさに氷の村を体験できる期間限定のレジャー施設です。

氷のグラスを作ったり、スノーモービルを体験したりとアクティビティも充実!ここまでの体験ができるのは北海道中を探してもここだけです。

忘れられない思い出作りをしたい人は、ぜひ尋ねてみてください。

営業時間1月下旬〜3月中旬9:00〜20:00(施設による)
定休日なし
住所北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地 然別湖畔
連絡先0156-69-8181
料金入場無料、施設ごとに料金がかかる
公式サイト然別湖コタン

7.上士幌かみしほろ町「アイスバブル」糠平ぬかびら湖の中に広がる泡の絶景

7.上士幌町「アイスバブル」糠平湖の中に広がる泡の絶景

上士幌町にある糠平湖では、アイスバブルという珍しい景色を見れます。これは、湖底に沈んだ落ち葉などからガスが発生し、水面に辿り着くまでに凍ってしまうという、寒さと時間が噛み合った奇跡の絶景なんです。

上から見下ろすと、まるで湖の中の時間が止まったように、泡が何層にも重なっている美しい光景を眺めることができます。

湖そのものを眺めるのでは無く、湖の中を眺める。この季節の北海道でしかできない体験が、糠平湖で待っています。

営業時間24時間開放(日中がおすすめ)
定休日なし
住所北海道河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
連絡先01564-4-2224
料金無料
公式サイト糠平湖 | 上士幌町観光協会/四季折々の感動エリア ひがし大雪 KAMISHIHORO

8.紋別市「流氷クルージング」流氷を砕き進むレア体験

8.紋別市「流氷クルージング」流氷を砕き進むレア体験

道東にある海、オホーツク海は冬に流氷が訪れることで有名です。海一面が真っ白になるほど氷に埋め尽くされた風景は、北海道でしか見ることができません。

そんな流氷の上を進む流氷砕氷船ガリンコ号が、紋別市にあります。その名の通り流氷を削りながら進む船で、上から流氷を見下ろしながらゆったりと冬の海を楽しめる貴重な体験です。

冬の海や流氷をまだ見たことが無い方にはおすすめしたい観光スポットです♪

営業時間8:00〜19:00
定休日なし
住所北海道紋別市海洋公園1
連絡先0158-24-8000
料金4,400円(ツアーによる)
公式サイト海洋交流館|紋別市 オホーツク・ガリンコタワー株式会社

冬の観光定番スポット:道南編

道南は歴史の色が根強く残るエリアです。特に函館市は素晴らしい景色を眺められるのでおすすめ。

9.函館市「函館山展望台」100万ドルの夜景

9.函館市「函館山展望台」100万ドルの夜景

函館山展望台には、函館山ロープウェイを使って登ります。登る最中には既に綺麗な街並みが眺められ、展望台につくと「100万ドルの夜景」と呼ばれた日本でも有数の夜景スポットに。

北海道の冬は日照時間が短く、17時〜18時頃には暗くなります。雪にキラキラと反射する函館の街並みは夜景好きの方にはぜひ一度見て欲しい美しさです。

営業時間10:00〜20:00
定休日なし
住所北海道函館市元町19−7
連絡先0138-23-3105
料金1,800円
公式サイト函館山ロープウェイ

10.函館市「五稜郭」歴史に触れられる絶景スポット

10.函館市「五稜郭」歴史に触れられる絶景スポット

函館市でもう一つ見逃せないのが「五稜郭」。星型のエリアで旧幕府軍と新政府軍が戦ったことはあまりにも有名。

土方歳三最期の地としても知られる五稜郭は、見た目が美しいだけでなく歴史を感じながら眺める、中を観光できるスポットになっています。

眺めるなら「五稜郭タワー」からの眺めがおすすめ。1月〜2月には雪景色の五稜郭を眺められます。

営業時間9:00〜18:00
定休日なし
住所北海道函館市五稜郭町44−2 土蔵
連絡先0138-21-3456
料金1,000円(展望料金)
公式サイト特別史跡五稜郭跡 | 函館市

まとめ

今回は北海道の冬に訪れたい観光スポットを紹介しました。最後にそれぞれの場所を振り返りましょう。

【道央エリア】

【道北エリア】

【道東エリア】

【道南エリア】

この他にも北海道の冬には楽しみがたくさんあります。以下の記事では、グルメからアクティビティまで冬の北海道を満喫するための情報を多く掲載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

観光をたっぷり楽しんだ後は、弊社「遊湯ぴっぷ」もぜひご利用ください。

遊湯ぴっぷは、北海道の中心である比布町に位置する温泉宿です。

どこの観光スポットにもアクセスしやすく、遠出の際の中継地点や、旭川観光でご利用いただくのにぴったりです。

天然鉱石を使った温泉や、四季折々の美味しい料理で皆さまをおもてなしさせていただきます。

調理経験15年以上の料理長が丹精込めて作る料理は大変好評で、料理を目当てにリピーターとしてご利用されるお客様もいらっしゃるほどです。

まとめ

まとめ

旅の途中に、遊湯ぴっぷで癒しの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか♪

北海道比布町や旭川にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。心よりお待ちしております。

遊湯ぴっぷをみてみる