良佳プラザ 遊湯ぴっぷ

道中も楽しみたい!札幌〜旭川間のおすすめ観光スポット5選【家族OK 】

旭川観光 2022年11月11日
道中も楽しみたい!札幌〜旭川間のおすすめ観光スポット5選【家族OK 】

「せっかく旭川に行くなら、道中も楽しみたい!どこかいい所ないですか?」

お客様から、よく聞かれる質問です。もちろん、紹介したい観光スポットがたくさんあります!(笑)

北海道のほぼ中心にある温泉宿である「遊湯ぴっぷ」は、道内のお客様に多くご利用いただいております。

例えば砂川市出身の方、例えば江別市出身の方。そのため、各地方の観光スポット情報を多く教えていただきました。

今回は数ある観光スポットの中でも、特にオススメしたいスポットを5つ厳選しましたので、紹介させてください。

ご家族・お子さん連れで楽しめる場所のみ紹介しているので、参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは、早速みていきましょう!

車で行く札幌〜旭川までの道中

車で行く札幌〜旭川までの道中

最初に、札幌から旭川に行くまでの経路と時間を紹介します。今回は旭川までにある街に寄るため、下道を紹介しますね。

  • 走行距離:156km
  • 走行時間:約3時間40分(休憩時間など除く)

今回は以上の経路にある街の観光スポットを紹介させていただきます!

札幌〜旭川間のオススメ観光スポット5選

それでは各スポットを紹介していきます。札幌に近い順に掲載しているので、行きの場合はそのまま、帰りに寄りたい場合は逆順でご覧ください。

江別市「ガラス工芸館」

江別市「ガラス工芸館」

外観はまるでジブリ映画に出てくるような可愛らしい見た目の施設。一日体験のコースが豊富で、吹きガラスでコップを作ったり、バーナーワークでネックレスを作ったり、ステンドグラスを作ったりと様々なガラス体験を楽しめます。

事前予約が必要なので、気になる方はお電話を!

※注意点:小学校3年生以上が体験可能

営業時間10:00〜17:00(土日祝のみ営業)
定休日平日全て定休
料金1,300円〜
住所〒069-0817 北海道江別市野幌代々木町53−1番地
連絡先011-384-7620
駐車場あり(無料 / 30台分)
公式ページ:江別市「ガラス工芸館」

岩見沢市「北海道グリーンランド」(旧:三井グリーンランド)

岩見沢市「北海道グリーンランド」(旧:三井グリーンランド)

北海道を代表する遊園地の一つ「北海道グリーンランド」。3回転するジェットコースター「龍王」や、アスレチックとトリックアートが組み合わさった「巨大立体迷路」、宇宙船に乗って戦う「ニューアストロファイター」などアトラクションが盛りだくさん!

小さいお子さんから小・中学校のお子さんでも楽しめる施設となっています。

※冬季は残念ながら閉業中なので、2023年4月22日以降に訪れましょう!(スキー場としての利用は可能)

営業時間平日:10:00〜16:00
土日:9:00〜16:00
定休日10月下旬〜4月下旬
料金大人:1,700円
中学生以下:1,100円
住所〒068-0833 北海道岩見沢市志文町1015
連絡先0126-22-2121
駐車場あり(500円 / 5000台以上)
公式ページ北海道グリーンランド

美唄市「アルテピアッツァ美唄」

美唄市「アルテピアッツァ美唄」

ここはお子さんだけでなく大人も楽しめる美術館。「アルテピアッツァ美唄」では、なんと大理石を彫る体験ができるんです。その名も「こころを彫る授業」、無心に石を掘っていくと自分のこころと出会えるんだとか。一生に一度あるかないかの経験を、美唄でしてみませんか?

もちろん、美術品展示もあるので見るだけでも楽しめる美術館です。

※こころを彫る授業は毎月第1土・日曜のみの開催なので要注意、また基本は小学4年生以上が対象。不定期で小学1〜6年生対象のイベントが開催

営業時間9:00〜17:00
定休日火曜日
料金入場料:無料

こころを彫る授業
大人:15,000円
中学生以下:9,000円
住所〒072-0831 北海道美唄市落合町栄町
連絡先0126-63-3137
駐車場あり(無料 / 140台)
公式ページ安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄

滝川市「たきかわスカイパーク」

滝川市「たきかわスカイパーク」
※写真はイメージです

冬季は格納庫と博物館を兼ね備えたグライダーのミュージアムであり、迫力あるグライダーを間近で見ることができます。

何と言っても目玉は4月上旬からの「体験飛行」!実際にグライダーに乗り込み空からの景色を楽しむことができるんです。エンジンの無いグライダーならではの空の旅を楽しむことができます。

※スカートやパンプスでは体験飛行できない点と、事前予約が必要な点に注意が必要

営業時間9:00〜17:00
定休日夏季(4月中旬〜11月中旬):無休
冬季(11月中旬〜4月中旬):土日祝
料金ミュージアム入館料
大人:320円
中学生以下:100円

体験飛行
大人:8,000円
高校生以下:4,500円
住所〒073-0035 北海道滝川市中島町139−4
連絡先0125-24-3255
駐車場あり(無料 / 50台以上)
公式ページたきかわスカイパーク

砂川市「北海道子どもの国」

砂川市「北海道子どもの国」
北海道子どもの国_公園の四季

北海道子どもの国では、その名の通り一年中お子さんが楽しめる施設が盛りだくさん!夏は巨大なジャングルジムやローラーすべり台、冬は屋内遊具広場や歩くスキーなど季節に合わせて楽しみ方を変えられます。

また、ふしぎの森エリアには「万里の長城」「ピサの斜塔」「ストーンヘンジ」など外国の名スポットを再現したエリアも!遊んで楽しい、みてたのしい、写真撮影にももってこいのスペースです。

さらにハイウェイオアシス直通のため、下道だけでなく高速利用時もアクセスしやすいのが嬉しいポイントです。

営業時間9:00〜17:00
定休日なし
料金大人:500円
中学生以下:無料
住所〒073-0108 北海道砂川市北光401−1
連絡先0125-53-3319
駐車場あり(無料 / 50台以上)
公式ページ北海道子どもの国

また、砂川市は札幌〜旭川間の中間に位置する街で、スイーツが充実した街です。休憩に立ち寄るには最適の場所ですので、スイーツ好きの方はぜひお立ち寄りください♪

旭川市内の観光をもっと楽しむためのモデルコース

旭川市内の観光をもっと楽しむためのモデルコース

以下の記事では、旭川市内で遊ぶためのモデルコースを紹介しています!「旭山動物園」を含んだ王道コースから、季節を楽しむコースまで紹介しているので、参考にしていただけると幸いです♪

まとめ

今回は札幌から旭川までの間で楽しめる観光スポットを5つ紹介しました。最後に各スポットを振り返りましょう。

  1. 江別市「ガラス工芸館
  2. 岩見沢市「北海道グリーンランド
  3. 美唄市「アルテピアッツァ美唄
  4. 滝川市「たきかわスカイパーク
  5. 砂川市「北海道子どもの国

旭川観光で宿をお探しの方は、旅の疲れを料理と温泉で癒せる「遊湯ぴっぷ」へお越しください。

遊湯ぴっぷは、北海道の中心(比布町)に位置する宿泊施設。旭山動物園へのアクセスもしやすく、よく「今日旭山動物園行って来たんですよー」とお客さまからお聞きします。

遊湯ぴっぷは温泉、美味しい料理で旅の疲れを癒したいと思っており、お客様の中には「料理が美味しいから泊まりに来る」という方も。

「遊湯ぴっぷ」の料理は、30年以上続く人気レストラン、仕出し会社が提供する料理で、宿泊された皆様よりご満足いただいております。

まとめ
まとめ

ぴっぷスキー場の一日券には、当館の温泉券もついているので、旅の途中に「ほっとする」癒しの時間をつくってみてはいかがでしょうか?

北海道比布町や旭川にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。

遊湯ぴっぷをみてみる