北海道旭川観光ホテル 比布町温泉|良佳プラザ 遊湯ぴっぷ

0166-85-4700 ご予約はこちら ぴっぷスキー場

2月の旭川観光におすすめのスポット・服装・グルメ情報までまとめて紹介

旭川観光 2023年4月28日
2月の旭川観光におすすめのスポット・服装・グルメ情報までまとめて紹介

二月。北海道は冬真っ盛り。都市部近郊ではスキー場などが賑わいをみせ、地方では美しい雪景色が一面に広がります。

北海道第二の都市である旭川では、冬の北海道を楽しむためのスポットやアクティビティが盛りだくさん。巨大雪像でおなじみ「旭川冬まつり」や、ウニ、ホタテ、カニなどの魚介を味わい尽くせるスポットまで、楽しみが途切れません。

今回は、地元の温泉宿でお客様から多くのローカル情報をいただく「遊湯ぴっぷ」が、2月におすすめの旭川観光スポットや服装、グルメについての情報をお伝えさせていただきます!

2月の旭川観光のおすすめスポット

1.雪国・旭川の大イベント!雪像/アクティビティ/食など盛りだくさんな「旭川冬まつり」

1.雪国・旭川の大イベント!雪像/アクティビティ/食など盛りだくさんな「旭川冬まつり」

札幌に次ぐ北海道の第二の都市として有名な旭川。そんな旭川で、2月中旬に開催される「旭川冬まつり」は、「さっぽろ雪まつり」に負けないくらいの大規模なイベントとなっています。

1か月近くをかけて作成される大雪像を中心に、雪だるま制作や巨大迷路、氷の滑り台といった10近い様々なアクティビティが楽しめます。

また、会場では北海道の食を存分に味わうことのできる「食マルシェ」が開催されます。旭川ラーメン、海鮮、お汁粉など種類は様々。雪像を見る合間に、ぜひ訪れてみてください。

夜には雪像がライトアップされ、祭りは一層盛り上がりを見せます。

祭りの初日と期間中の土日には、プロジェクションマッピングに合わせて花火が打ち上げられます。

雪像と花火の組み合わせは北海道ならでは。「さっぽろ雪まつり」とはまた違った楽しみ方が「旭川冬まつり」にはあります。

「旭川冬まつり」について、より詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです。

営業時間例年2月中旬9:00~21:00(開催時期、開催時間は年度ごとに異なる可能性がございます。詳細は公式HPにてご確認ください)
住所〒070-0044 北海道旭川市常磐公園4044
連絡先0166257168
公式ページ旭川冬まつり公式サイト 

2.町を彩る、美しい氷の彫刻「氷像世界大会」

2.町を彩る、美しい氷の彫刻「氷像世界大会」

「氷彫刻世界大会」は1973年から毎年開催されている、日本国内で唯一開かれる氷像の国際大会となっています。

会場は旭川駅からすぐの「平和通り買物公園」。平和通り買物公園は旭川冬まつりのサブ会場となっているため、旭川冬まつりを巡る途中でふらっと立ち寄ることが出来ます。

日本全国、そして海外から訪れた技術者が、40時間という制限の中でリアルタイムで氷像を作成します。世界レベルの職人の技を見ることのできるまたとない機会となっており、会場は多くの見物客でにぎわいます。

夜には作られた氷像がライトアップされ、旭川冬まつりの雪像とはまた違った美しさを見せます。先ほど紹介したイルミネーション、旭川冬まつりと合わせて、夜の旭川を最大限に楽しんでください。

営業時間二月中旬(旭川冬まつり会期中)氷像ライトアップ 16:30~22:00(開催時期、開催時間は年度ごとに異なる可能性がございます。詳細は公式HPにてご確認ください)
住所〒070-0036 北海道旭川市6条通8丁目36−3
連絡先0166222522(日本氷彫協会)
公式ページ2023年 氷彫刻世界大会

3.普段見られない、動物たちの表情を覗く「旭山動物園 雪明かりの動物園」

3.普段見られない、動物たちの表情を覗く「旭山動物園 雪明かりの動物園」

旭川市を代表する観光スポット、「旭川市旭山動物園」。

立地的に国内で最も北にある動物園で、動物の行動や生活を見せる展示を導入したことでも知られています。2004年に「アザラシ館」を公開して以来、毎年来場者の数が増加中。園内には、レストランやショップもありますよ。

旭山動物園は、独創的なアザラシの展示方法やペンギン散歩などで人気を博してから、1頭のヒグマのために何億もかけてもともと暮らしていた環境に近づけたブースを作るなど、話題性に事欠かない動物園です。

ホッキョクグマやシロフクロウ、オジロワシなど北海道ならではの動物がたくさんいます。さらに、冬の旭山動物園ではペンギンショー「ペンギンの散歩」があるなど、冬ならではの楽しみ方をすることができるんです。

その中でも、普段は見られない夜の動物達の姿が見れる「夜の動物園」は大人気!

8月中旬と旭川冬まつり(2月中旬)の限られた期間でしか開催されていない夜の動物園ですが、夏は午前9時~午後9時まで、冬でも期間中は午後8時半まで開園時間を延長しています。普段はみられないような夜行性の動物が活発に動いている姿も見られるかも。

1度日中の旭山動物園に行ったとしても、夜にはまた別角度から楽しめます。さらに、旭山動物園には急勾配があるため坂を上り切ると町や動物園を見下ろすこともできますよ。夜景も楽しみの1つになりますね。

子どもがいなくても夜間のムードある雰囲気はデートにもピッタリ。可愛らしい動物を見るためのデートコースにもおすすめです。

なお場内は展示の構造上、急な坂や回り道が多くかなりの距離を歩くため、こまめに休憩を挟んでくださいね。

なお、旭川雪まつりの期間には旭山動物園と会場を繋ぐ無料バスが運行しています!雪まつりを楽しんだ後、夜の動物園歩きを楽しんでみてください。

※開園時間などの具体的なスケジュールは変更する可能性があります。詳細は公式HPでご確認ください。

営業時間午前9時30分~午後9時00分(最終入園/午後8時00分)
住所〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
連絡先0166361104
公式ページホーム | 旭川市 旭山動物園 

4.七色の光と花火が温泉街を彩る。夜景遺産にも選ばれた「層雲峡氷瀑まつり」

4.七色の光と花火が温泉街を彩る。夜景遺産にも選ばれた「層雲峡氷瀑まつり」

層雲峡氷瀑(ひょうばく)まつりは、旭川市から車で一時間程の場所にある温泉街、層雲峡で開催される冬まつりです。

1976年から毎年開催されている歴史あるイベントで、今や層雲峡には欠かせないイベントとなりました。

約1万㎡の敷地内には、水を自然に凍らせることによって作られた氷の造形物(氷瀑)が広がっている他、フォトスポットやイベントステージ、チューブスライダーなど魅力あふれるスポットが沢山あります。

夜間には氷瀑がライトアップされ、七色の光と共に幻想的な景色を見せます。包み込むような光に照らされた真っ白な氷の美しさは、日本夜景遺産にも登録されています。

会場の層雲峡は標高の比較的高い山間に位置しているので、しっかりと防寒対策をするのをお忘れなく!日によっては、マイナス20度を下回ることも!

営業時間1月下旬~3月上旬17:00~21:30(開催時期、開催時間は年度ごとに異なる可能性がございます。詳細は公式HPにてご確認ください)
住所〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡
連絡先0165821811
公式ページ層雲峡温泉 氷瀑まつり2023

5.地酒の名所で、人気を誇る一杯を「男山酒造り資料館」

5.地酒の名所で、人気を誇る一杯を「男山酒造り資料館」

実は、旭川は「地酒のまち」として、お酒好きの中で有名なことをご存じでしょうか。

大雪山系に流れる清涼な水、北の大地の豊かな麦、寒冷な気候と、旭川には美味しいお酒を作るうえで欠かせない条件が揃っているんです。

今まで「大雪地ビール」「国士無双」「大雪乃蔵」など、多くの日本酒ブランドが、旭川で誕生しています。

そんな日本酒ブランドの中でも人気を集めるのは「男山」。

江戸時代から350年続くブランドを継ぐ歴史ある一品。キリっとした辛口淡麗の味わいが、多くの日本酒好きを虜にしています。

「男山酒造り資料館」は、「男山」350年の歩みを、資料・酒器などを交えてみることができる資料館です。

入館料は無料。試飲・売店コーナーも併設されており、そこでしか販売されていない限定商品を買うこともできます。

また、2月の第二日曜日には「酒蔵解放」というイベントが開催されます。

イベント当日には「男山」の本蔵が解放され、「男山」の樽酒などが振る舞われる他、甘酒の試飲や、当日限定のお酒・酒粕入りの蕎麦・うどんの販売など、酒造メーカーならではの多彩なプログラムが行われます。

地元に愛される酒屋の一大イベントを、ぜひ楽しんでみてください。

営業時間9時〜17時酒蔵開放(2月第2日曜日)は10時〜15時
住所〒079-8412 北海道旭川市永山2条7丁目1
連絡先0166477080
公式ページ酒造り資料舘 

2月の旭川の天候と適した服装

【2月の旭川の気温】
  • 最高気温:-1.2℃
  • 平均気温:-5.6℃前後
  • 最低気温:-10.2℃

二月の旭川は、最も寒い1月に次いで気温の低い、厳寒の季節です。雪は降り積もり、風の強い日は吹雪になることもあります。

空気が乾燥し、晴天が続く時期もありますが、仮に晴れていたとしても気温が氷点下を上回ることはまれ。朝夜の冷え込みも強く、しっかりとした防寒対策が必要となってきます。

フード付きの厚手のコートやダウンジャケットは、外出時の必須品。下半身はズボンの下にもう一枚、インナーを履くのがよいでしょう。

身体の末端は特に冷えやすい部分。イヤーマフや手袋、厚手の靴下も準備しましょう。素肌のまま長時間外に晒すと、寒さのあまりしびれや痛みに悩まされることになります。

防寒具を用意するのとは他に、使い捨てカイロもおすすめです。背中や首筋に貼ると、身体があたたまりますよ。

まとめ

今回は2月の旭川について解説させていただきました。最後にポイントを振り返りましょう。

2月の旭川の服装で気を付けるポイント
  • 最も寒い時期。雪の日は特に吹雪に注意
  • 防寒対策はしっかりと。ダウンジャケット、インナーの重ね着は外出時に必須
  • 使い捨てカイロ、イヤーマフなどで末端を冷やさない。

「旭川冬まつり」を中心に雪国らしいイベントが多数開催され、一年で最もにぎわう2月の旭川。観光をするうえで、この機会を逃す手はないでしょう。

今回は2月の旭川観光に絞ってのお話でしたが、このサイトでは旭川観光に関する様々な情報を無料で公開しています。ローカルな情報をたくさん詰め込んでいますので、ぜひ参考にしてください♪

旭川観光情報一覧

また、旭川近郊での旅行をお考えの方は、ぜひ2月の比布町にもお越しください。2月の比布町には「比布スキー場ナイターイベント」など魅力が満載。都心部からやや離れているため交通量も少なくゆったりとした観光を楽しむことができます♪

最後に私たち「遊湯ぴっぷ」についても紹介させてください!

遊湯ぴっぷは、北海道の中心(比布町)に位置する宿泊施設。どこの観光スポットにもアクセスしやすく、遠出の際の中継地点や、旭川観光でご利用いただける施設となっております。

遊湯ぴっぷは温泉、美味しい料理で旅の疲れを癒したいと思っており、お客様の中には「料理が美味しいから泊まりに来る」という方も。

「遊湯ぴっぷ」の料理は、30年以上続く人気レストラン、仕出し会社が提供する料理で、宿泊された皆様よりご満足いただいております。

まとめ
まとめ

旅の途中に「ほっとする」癒しの時間をつくってみてはいかがでしょうか?

北海道比布町や旭川にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。

遊湯ぴっぷをみてみる