北海道旭川観光ホテル 比布町温泉|良佳プラザ 遊湯ぴっぷ

0166-85-4700 ご予約はこちら ぴっぷスキー場

【エリア別】北海道で子連れ観光する時のおすすめスポット12選!おむつ台などの情報もアリ

北海道観光 2022年12月7日
【エリア別】北海道で子連れ観光する時のおすすめスポット12選!おむつ台などの情報もアリ

「小さい子どもを連れて家族旅行したい!でも、ベビーカーの無い所は大変で…」

家族旅行は楽しいですが、お子さんが小さければ小さいほどスポット選びが大変ですよね。

そこで今回は、ローカル情報通の温泉宿「遊湯ぴっぷ」が、エリア別に子連れ旅行にぴったりの場所を紹介します。

小さなお子さんと一緒に行く時に気になる「授乳室/おむつ台」の有無や「ベビーカー貸出」の有無についても記載しています。お泊まりいただいたお客様から実際にお聞きしたスポットも紹介していますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

それでは、早速見ていきましょう!

道北エリア:様々な種類の遊びが魅力

まずは旭川〜富良野などの道北エリアをご紹介します。道北には子どもが楽しめる観光スポットが多く、様々な種類の遊びが待っています。

1.北海道内最大級の大きさ「旭山動物園」【旭川市】

1.北海道内最大級の大きさ「旭山動物園」【旭川市】

お子さんと一緒に見るなら、旭山動物園もオススメ!普段絵本やYouTubeでしか見ることのない動物を、目の前で見る体験は子どもの想い出として強く残ります。

食事エリアについては、正門、東門、中央、西門とそれぞれあるため、園内どこからでも軽食やランチを食べることができます。トイレや休憩スペースが多いのも嬉しいポイントです♪

1.北海道内最大級の大きさ「旭山動物園」【旭川市】
出典:旭山動物園くらぶ 正門shop・パン小屋

公式ページの「動物図鑑」では、園内にいる動物の簡単な説明が載っているので、旅行前にお子さんに見せてあげると良いかもしれません。

営業時間10:30〜15:30
定休日なし
連絡先0166-361-104
住所〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無あり
公式ページ旭山動物園

2.森の中でひっそりと営業する「アンパンマンショップふらの店&ジャム工房」【富良野市】

2.森の中でひっそりと営業する「アンパンマンショップふらの店&ジャム工房」【富良野市】
出典:アンパンマンショップ | ふらのジャム園 ©︎やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

昔から子どもに大人気のアンパンマン。実は、富良野市にアンパンマンショップがあるんです。お店の中はキャラクターのぬいぐるみやおもちゃ、お菓子など子どもの「大好き」が詰め込まれた夢のようなお店です♪

隣には「ジャムおばさんのジャム工房」があり、お土産にも喜ばれる38種類の「ふらのジャム」が並んでいます。なんと試食も可能!実際に食べて、気に入った味だけをお土産に持って帰ることができるんです♪

さらに、フルーツ入りのカタラーナ「レインボー」や、ハスカップオレ、オーストリア最古の焼き菓子「リンツァートルテ」も販売中!子どもも大人も楽しめるアンパンマンショップと、ジャム工房、親子にぴったりのスポットです♪

営業時間9:00~17:30
定休日なし
連絡先0167-29-2233
住所〒076-0162 北海道富良野市東麓郷の3
授乳室/おむつ台なし/あり
ベビーカーの有無なし
公式ページアンパンマンショップ | ふらのジャム園

3.誰でも天才プログラミング「大雪かみかわヌクモ」【上川町】

大雪かみかわヌクモは、廃校になってしまった小学校をリノベーションして作られました。中でも一番オススメしたいものは「遊ぶ!天才プログラミング」。お子さんが描いた絵を、直感的なプログラミングで動かすことができる子ども向けの体験イベントです!

※要予約のためご注意ください。

その他にも、柔らかいクッション材のブロックを組み合わせて遊べるフリースペースなど、子どもが楽しめる工夫が盛りだくさん!カフェスペースも併設されているため、お子さんたちが遊ぶ姿を眺めながらコーヒーを飲むこともできますよ。

遊び疲れてお腹がすきますが、軽食は提供されていないため、車の中にお菓子やパンなどを用意しておきましょう!

営業時間10:00~16:30
定休日火曜日
連絡先0165-824-000
住所〒078-1731 北海道上川郡上川町東雲139−5
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無なし
公式ページ大雪かみかわ ヌクモ オフィシャルサイト
3.誰でも天才プログラミング「大雪かみかわヌクモ」【上川町】
出典:大雪かみかわ ヌクモ オフィシャルサイト

4.世界の昆虫が並ぶ「昆虫館パピヨンシャトー」【当麻町】

4.世界の昆虫が並ぶ「昆虫館パピヨンシャトー」【当麻町】
出典:昆虫館パピヨンシャトー – 上川郡

昆虫館パピヨンシャトーは、その名の通り昆虫の標本が多く並べられている展示館です。

「見て触れて体験できる昆虫ランド」というキャッチの通り、間近で生きているヘラクレスオオカブトやランノハナカマキリという珍しい昆虫を見るブースもあります。

昆虫好きなお子さんは楽しめること間違いなしです♪

営業時間9:00〜17:00
定休日10月下旬〜4月下旬
連絡先0166-84-2001
住所〒078-1314 上川郡当麻町市街6区
授乳室/おむつ台(敷地内くるみなの木遊館)あり/あり
ベビーカーの有無なし
公式ページ昆虫館パピヨンシャトー – 上川郡

5.絵本溢れる夢の国「絵本の館」【剣淵町】

5.絵本溢れる夢の国「絵本の館」【剣淵町】
出典:絵本の館のご案内

絵本の里、剣淵町には絵本を中心とした図書館「絵本の館」があります。蔵書数は、絵本だけでなんと4万冊!読み聞かせが大好きなお子さんには夢のような空間です。館内には「読み聞かせスペース」があり、気に入った本があればそのまま読み聞かせができます。

中高生や大人向けの一般書籍も3万冊用意されているため、年齢差があるお子さんでも楽しむことができる図書館ですので、歩き回って疲れた時にオススメしたいスポットです。

また、期間限定で絵本の原画展示を行っている場合もあります。細部展示予定は公式ページをチェック!

営業時間10:00~17:00
定休日水曜日
連絡先0165342624
住所〒098-0332 北海道上川郡剣淵町緑町15−3
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無あり
公式ページ剣淵町絵本の館
5.絵本溢れる夢の国「絵本の館」【剣淵町】

道東エリア:比較的空いているのが魅力

次に遠軽町〜湧別町などの道東エリアを紹介していきます。他のエリアよりも空いているため、人混みが嫌な方にもおすすめです。

6.まるで木の遊園地「木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド」【遠軽町】

6.まるで木の遊園地「木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド」【遠軽町】
出典:ちゃちゃワールド

北見~旭川への通り道に「木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド」があります。木の遊園地とも言えるこの施設は、子どもだけでなく大人にも大人気!入った瞬間に広がる木の香りは、気持ちが落ち着きますよ。

館内には数十体ものくるみ割り人形や、巨大な木の機関車、木のプールやすべり台、フランス生まれの造形ブロック「KAPLA」があるなど、一日中遊べてしまうほどのスポットです。

木のおもちゃ作り体験も可能で、オリジナルのおもちゃを作成することも。館内ショップには木でできたお土産の数々も販売されているので、旅行の際はぜひ一度訪れてみてください♪

営業時間4月~10月 9:30~18:00、11月~3月 10:00~17:00
定休日月曜日(4月~10月:無休)
連絡先0158-494-022
住所〒099-0701 北海道紋別郡遠軽町生田原143−4
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無あり
公式ページちゃちゃワールド

7.地方の自然溢れる遊園地「Family 愛 Land YOU」ファミリー アイランドユー【湧別町】

7.地方の自然溢れる遊園地「Family 愛 Land YOU」【湧別町】

湧別町の道の駅に併設された「Family 愛 Land YOU」では、サイクルモノレール、ゴーカート、巨大なジャングルジムなど子どものテンションが上がる遊具が数多く用意されています。

また、観覧車からはサロマ湖が見渡せるため、大人も絶景を楽しめるスポットに。

地方にある遊園地なので、都心部ほど混んでいないのも嬉しいポイントです♪

営業時間9:30〜17:00
定休日月曜日
連絡先0158-68-2450
住所〒093-0652 北海道紋別郡湧別町志撫子6−2
授乳室/おむつ台なし/あり(道の駅内)
ベビーカーの有無なし
公式ページ道の駅「愛ランド湧別」・遊園地「Family 愛 Land YOU」 – あそぶ
7.地方の自然溢れる遊園地「Family 愛 Land YOU」【湧別町】

道央エリア:大規模施設が多いのが魅力

次に、札幌市や小樽市などの道央エリアを紹介します。道央エリアにはスケールの大きい施設が多数あります。それぞれのテーマパークを楽しみましょう!

8.まるで絵本のお菓子の国「白い恋人パーク」【札幌市】

8.まるで絵本のお菓子の国「白い恋人パーク」【札幌市】

北海道のお土産でお馴染みの「白い恋人」。そのテーマパークである白い恋人パークは、大人から子どもまで楽しめるスポットとして大人気。

白い恋人を焼き上げるワークショップ、北海道型のクッキーにチョコレートペンでお絵描きをするコースなど、北海道ならではの体験が盛り沢山♪

また、冬は限定のイルミネーションが施され、まるでディズニー映画のような道を歩くことができます。冬に観光を予定されている方にもおすすめです!

営業時間10:00〜17:00
定休日なし
連絡先0116-66-1481
住所〒063-0052 北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11−36
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無あり
公式ページ白い恋人パーク

9.イルカや海獣のショーが楽しめる「おたる水族館」【小樽市】

9.イルカや海獣のショーが楽しめる「おたる水族館」【小樽市】

おたる水族館では、「トド」「ウミガメ」「熱帯魚」など、珍しい海の生き物がたくさん!中には絶滅危惧種に指定されている貴重な魚もおり、見て回るだけで勉強になるスポットです。

夏や冬にはそれぞれイルカショー、ペンギンさんぽ、アザラシのお食事タイムなど多くのショーが開催されているのも見逃せません。

館内レストランでは、小樽名物「ニシン焼き」や海町ならではの「海鮮丼」、ふわふわ食感の「スノーアイス」など様々な料理が提供されています。

営業時間10:00~16:00
定休日水、木、金曜日
連絡先0134-331-400
住所〒047-0047 北海道小樽市祝津3丁目303
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無あり
公式ページおたる水族館

10.江戸の村にタイムスリップ「登別伊達時代村」【登別市】

また、村内には手裏剣投げや弓矢の体験コーナー、カラクリだらけの迷路、妖怪たちが潜むお化け屋敷など、さまざまなアクティビティが用意されています。

また、忍者ショーはアクションと仕掛けが豊富で必見の舞台!大人も子どもも息を呑んで観てしまう大迫力のショーとなっています。

上演スケジュールはこちらをクリック

村の中には「食事処」や「甘味処」が用意されており、そばや丼もの、団子や抹茶など、この世界観ならではの食事を楽しむことができますよ♪

営業時間9:00~16:00
定休日なし
連絡先0143833311
住所〒059-0463 北海道登別市中登別町53−1
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無あり
公式ページ登別伊達時代村

道南エリア:ここでしかできない体験が魅力

最後に函館市を中心に道南エリアを紹介します。他では触れられない体験や景色が待っているエリアです。

11.子どものために遊園地「函館公園こどものくに」【函館市】

11.子どものために遊園地「函館公園こどものくに」【函館市】
出典:函館公園こどものくに

函館公園こどものくには、子どものための遊園地です。一般的に「バイキング」や「フリーフォール」の名前で知られるアトラクションが、子ども向け(3歳以上〜)に設置されています。

絶叫系以外にも、車のメリーゴーランドやカエル釣り、バズーカ砲など楽しめるスポットが満載!遊具の中には、小型のショベルカーを動かせる施設も!子どもの夢が叶う瞬間です。

オープン状態は公式ページで毎日朝8時に更新されるので、訪れる前にチェックしてみてください。

営業時間平日:11:00〜16:00、土日祝:10:00〜17:00
定休日雨天時、11月中旬〜3月中旬
連絡先0138-22-5039
住所〒040-0044 北海道函館市青柳町17−4
授乳室/おむつ台なし/あり(函館公園内)
ベビーカーの有無なし
公式ページ函館公園こどものくに

12.一度は見たい100万ドルの夜景「函館山ロープウェイ」【函館市】

12.一度は見たい100万ドルの夜景「函館山ロープウェイ」【函館市】

100万ドルの夜景として知られる箱館山ロープウェイからの景色は、大人も子どもも感動する絶景スポットです。

特に小さい頃に見るこの絶景は、大人になっても色鮮やかに記憶に残り続けます。

今回紹介したスポットの中でも特にアクセスしやすいスポットのため、夜の観光予定に入れてみてはいかがでしょう?

営業時間4/20〜9/30:10:00〜22:00、10/1〜4/19:10:00〜21:00
定休日なし
連絡先0138-23-3105
住所〒040-0054 北海道函館市元町19−7
授乳室/おむつ台あり/あり
ベビーカーの有無なし
公式ページ函館山ロープウェイ

まとめ

今回は、子連れで旅行する時に訪れたい観光スポット12ヶ所を紹介しました。最後にそれぞれのスポットを振り返りましょう。

道央エリア
道南エリア

北海道で子連れ旅行するなら、旅の疲れを料理と温泉で癒せる「遊湯ぴっぷ」へお越しください。

遊湯ぴっぷは、北海道の中心(比布町)に位置する宿泊施設。道北・道東の観光スポットにもアクセスしやすく、遠出の際の中継地点や、旭川観光でご利用いただける施設となっております。

遊湯ぴっぷは温泉、美味しい料理で旅の疲れを癒したいと思っており、お客様の中には「料理が美味しいから泊まりに来る」という方も。

「遊湯ぴっぷ」の料理は、30年以上続く人気レストラン、仕出し会社が提供する料理で、宿泊された皆様よりご満足いただいております。

お子様用のメニューもご用意していますので、ご予約の際はお申し出ください。

まとめ

まとめ

旅の途中に「ほっとする」癒しの時間をつくってみてはいかがでしょうか?

北海道比布町や旭川にお立ち寄りの際は、ぜひご利用ください。

遊湯ぴっぷをみてみる